ABSTRACT

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌株(MRSA)は、特に火傷における院内病原体としてますます普及している。 MRSAは項目療法として1%の銀製のsulfadiazineおよび0.2%のクロルヘキシジンの組合せの利用にもかかわらず私達の25ベッドの焼跡の単位のすべてのs.aureusの分離 新しい抗生物質であるムピロシンは、IN vitroおよびIN vivoでMRSA感染症の治療に非常に効果的であることが証明されています。 MRSA熱傷創感染症におけるムピロシン軟膏を用いた前向き臨床試験は未実施であった。 59離散火傷傷とMRSAが単離された人から四十から五の子供は、閉塞包帯の下で2%ムピロシン軟膏で治療され、5日間毎日二回適用されました。 処理された平均燃焼面積は、全体表面積の8%(範囲、2〜2 0%)であった。 熱傷創は臨床的および細菌学的に毎日評価された。 Mupirocinは4日以内に見られて最高の治療上の応答が、扱われるすべての59の傷のMRSAを除去しました。 三つの傷では、グラム陰性生物は、局所療法の5日後に持続しました。 治療はすべての子供によって十分に許容された。 私達は現在のポリエチレングリコールの基盤のmupirocinが選択的な基礎でだけ使用されるべきであることを推薦します現在の予防的な項目療法が全ボディ表面積の20%以下の焼跡のMRSAの伝染を制御しなかったとき、5日間の限られた期間の間だけ適用されるべきです。 全身表面積の20%を超える火傷におけるムピロシンの安全性および有効性を確立する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です