網膜

眼の最も内側の層は網膜です。 十層膜は硝子体液に浸され、光子エネルギーの伝達に必要な細胞を含む。 硝子体ユーモアの隣の層から脈絡膜に最も近い層までの十の細胞層を以下に列挙する。:

  • 網膜色素上皮
  • 光受容体層
  • 外制限膜
  • 外核層
  • 外神経叢層
  • 内核層
  • 内神経叢層
  • 神経節細胞層
  • 内制限膜

網膜色素上皮

  • 内制限膜
  • 網膜色素上皮

  • 外核層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 内神経叢層
  • 繊毛網膜接合部(すなわち、Ora serrata;網膜が毛様体を満たす鋸歯状の境界線)まで周方向に地球の内臓表面をカバーしています。 目の視覚の部品を通った後(すなわち 角膜、レンズおよびhumors)、光線は光受容器の層に達するために網膜のすべての層を突き通します。 光受容体の活性化は、その後、形質導入カスケードを開始します。

    また、網膜は、鼻に最も近い部分が上下の鼻網膜と呼ばれ、頭部の側頭に近い部分が上下の側頭網膜であるように、四つの象限に分けることができ 左眼の鼻網膜および右眼の側頭網膜は、左視野からの視覚入力を受ける。 同様に、網膜の上部は下視野からの視覚刺激を受け、網膜の下部は上視野からの入力によって刺激される。 この論理の逆転が適用可能である。

    網膜色素上皮

    網膜色素上皮は、網膜の最も表面的な(すなわち最も外側の)層である。 これは、ブルッフ膜(脈絡膜の最も内側の層)に固定されている単純な立方体から低柱状の上皮で構成されています。 この層は、基底膜への多数のミトコンドリアに富む陥入、複数のギャップ接合、および他の接合複合体によって特徴付けられる。 細胞の頂部には、メラニン顆粒、二次リソソーム、ペルオキシソーム、貪食液胞が豊富に生息しています。 また、ビタミンAの異性化を特異的に促進する多数の滑らかな小胞体も存在する。

    網膜色素上皮-組織学的スライド
    網膜色素上皮(組織学的スライド)

    網膜色素上皮は、血液網膜関 これは、血管脈絡膜と網膜の光受容体層との間のイオン交換を制御する。 この上皮の細胞はまた食作用特性を有する;従って、それらは光受容体によって生成された細胞破片を除去することができる。 色素層は、付加的なアデノシン三リン酸(ATP)、免疫調節、およびポリペプチド成長因子分子を光受容体に供給し、形質導入プロセスを実行する。

    明所性条件(光強度が高い場合)の間、色素上皮の絨毛プロセスは、網膜の光受容体層に伸長する。 このプロセスは、暗点(低強度光)条件下でも後退する。 したがって、それは網膜の層を通過するときに散乱光を吸収し、光受容体を過剰な光曝露から保護することができる。 最後に、着色された層はtransductionプロセスで発生する遊離基の中和を助ける酸化防止剤を作り出します。

    光受容体層

    ヒトは、細胞体の形態に応じて命名された光受容体の二つのタイプを持っています。

    光受容体層

    ヒトは、細胞体の形態に応じて命名された二つのタイプの光受容体を有する。 棒は低強度ライトで最もよく作動する円柱細胞である;円錐形がある間(驚き!)高輝度ライトで最もよく作用し、色知覚を促進する円錐細胞。 ロッドは、コーンよりも長く、より細いことが多い。 しかし、その逆は、光受容体を網膜の周辺側面に向かって比較するときに真である。 網膜全体の光受容体の分布は、桿体が中心窩(黄斑内の微小中心うつ病;視神経乳頭に約4mmの側方)を除いて網膜全体に広く散在するようなものである。 中心窩は、(網膜の残りの部分全体で比較的希少である)コーンによってのみ占有されています。 しかし、視神経乳頭には桿体も錐体も見られないことに注意する必要があります。

    棒と円錐の層-組織学的スライド
    棒と円錐の層(組織学的スライド)

    光受容体は、光子から神経線維によって行われる。 光受容体の実際の細胞体は外側の核層(後述)内にあるが、光受容体と網膜色素上皮との間の末梢接続(すなわち、網膜色素上皮)は、光受容体と網膜色素上皮との間の末梢接続(すなわち、網膜色素上皮)との間にある。 各光受容体の外側セグメント、一次繊毛、および内側セグメント)は、光受容体層を形成する。 棒および円錐の軸索は光子からのエネルギーによって網膜の彩色された層を離れて反映すると同時に刺激されます。

    外核層

    各光受容体は四つの主要なコンポーネントを持っています。 外側のセグメント、内側のセグメント、核、およびシナプス体(球)があります。 外の区分は非常に折られ、視覚衝動を始めるために必要な感光性化学薬品を含んでいます。 外の区分の膜はまたディスクに細胞の表面積を高めるために非常に折られます。 それはまた外の区分ディスクのtransmembrane蛋白質に活用される蛋白質である光化学薬品(棒のrhodopsinおよび円錐形の色の顔料)を含んでいます。

    外核層-組織学的スライド
    外核層(組織学的スライド)

    内セグメントは、細胞の細胞質領域で それは、細胞の細胞質および細胞機能のために不可欠な他の細胞小器官を収容する。 ミトコンドリアは、光反応を促進するために大量のエネルギーが必要であるため、これらの細胞の中で最も豊富で最も重要なオルガネラである可能性が高い。 外側と内側のセグメントは、繊毛(シグナル伝達を容易にする微小管で満たされた)として知られている細い茎を介して通信します。

    核は、外側の制限膜によって細胞体の残りの部分から分離される。 したがって、光受容体の大部分(外側および内側のセグメント)が光受容体層に見出され、核は外側の核層に位置する。

    シナプス体は光受容体の最も内側の部分です。 それは外のplexiform層の内部の細胞の核層の二次ニューロン(すなわち横および両極細胞)と伝達し合う。 ロッドとコーンの違いは、以下の表にあります。

    ロッド

    ロッドは、網膜の周囲全体に遍在的に分布している。 円錐形とは違って、膜ディスクの円柱積み重ねは膜の内で包まれる。 ロッドの外側のセグメントは、環状グアノシン一リン酸(cGMP)だけでなく、不活性ロドプシン分子の高い休息レベルを含んでいます。 不活性ロドプシン部分は外側セグメントの膜状円板に結合し,cgmp分子は光の非存在下で連続的に放出される。 高いcGMPのレベルは外の区分にナトリウム(Na+)イオンの流入を促進します;上昇した休息の膜の潜在性をもたらします。

    ロドプシンは光に曝されると分子再配列を受け、外膜中の他の感光性分子と一緒に、cGMPの量が低下する。 CGMPの低下の結果として、ナトリウムチャネルは閉じる。 その結果、細胞のイオンの好みに転位があり、それらはhyperpolarizedになります(刺激の後で脱分極されるようになる他の求心性ニューロンとは違って)。

    刺激の効果を広げるために活動電位を開始する代わりに、過分極は徐々に細胞膜を横切って移動する。 一度ロッドのシナプス球で、過分極は徐々にシナプス(ロッド球)で生産されているグルタミン酸(神経伝達物質)の量を減少させます。 これは、シナプスのもう一方の端にある細胞に応じて、脱分極または過分極効果を有することができる。 それは比較的多数の光異性化を完了することができるが、ロドプシン分子は最終的に置換を必要とする。 それらは細胞膜の円板に結合しているので、棒の遠位断片は十日ごとに棒の脱落を受け、近位に円板が更新される。

    ロッドとコーンの違い
    ロッドとコーンの違い

    コーン

    ロッドとは対照的に、コーンは膜内に囲まれておらず、細胞外空間との一定の通信で。 さらに、ディスクのスタックは徐々に小さく、さらに内側のセグメントから離れて取得します。 したがって、円錐は特徴的な円錐形状を有する。 それぞれが特定のスペクトル内の光を検出する責任があります:

    • 長波長コーン(L–コーン)は、主に赤色スペクトル内の光に敏感です。
      • 長波長コーン(L-コーン)は、
      • 中波長コーン(M–コーン)は、緑色スペクトルの光に非常に応答します。
      • 短波長コーン(Sコーン)は、主に青色スペクトルの光を検出します。

      したがって、錐体は色覚の原因であり、その知覚は三つの錐体から生成された刺激の特定の組み合わせによって緩和される。 円錐のphotopigmentは3つのタイプ(円錐形の各タイプのための1つ)があることを除いて棒で見つけられるそれらに類似しています。 これらの違いはさておき、それらはまた、円錐の外側のセグメントに見られ、また、光誘起立体配座変化を受ける。 分子構造の変化は、円錐(円錐茎)のシナプス球に向かって細胞膜上に徐々に広がる同様の過分極反応を引き起こす。 グルタミン酸放出の低下および結果として生じる脱分極または過分極現象も起こる。

      内核層

      光受容体との調節接続を形成する網膜内のいくつかの付属細胞があります。

      内核層

      光受容体との調節接続 それらの細胞体は、網膜の内側核層(内側および外側の網状層の間)に見出される。 それはamacrine、横の、および両極細胞の細胞ボディを含んでいます。

      内核層-組織学的スライド
      内核層(組織学的スライド)

      バイポーラ細胞

      バイポーラ細胞に入るシナプそれは円錐形か棒の両極細胞として分類されません。 これらの細胞は、神経節細胞と網膜の光受容体との間の橋を形成する。 これらは、視覚システムに送信される画像のエッジを検出する上で特に重要です。それらはさらに、「オン」または「脱分極」、または「オフ」または「過分極」バイポーラ細胞に分類される。

      それらは、「オン」または「脱分極」、または「オフ」または「過分極」バイポーラ細胞に分類される。

      「オン」経路は光によって活性化され、「オフ」経路は暗闇の間に活性化される。 “オン”と”オフ”バイポーラ細胞の背後にあるロジックは、グルタミン酸は常に興奮性神経伝達物質とみなされてきたという事実のためにむしろ混乱にな それ以上の混乱を避けるためには、ちょうどそれについてこうすれば考えなさい:グルタミン酸塩の流れを停止すること(すなわち 光受容体を光にさらす)は、”オン”双極細胞を脱分極させ、”オフ”双極細胞を過分極させる。

      アマクリン細胞

      小さな体のアマクリン細胞は、顕著な軸索を示さないが、それらの軸索が広く延びて、有意な樹木化を受けます。 ガンマ(γ)-アミノ酪酸(GABA)、グリシンまたはアセチルコリン(ACh)、および他の神経ペプチドなどのいくつかの神経伝達物質は、アマクリン細胞に見出され得る。 それらはバイポーラ細胞の活性を調節し、クラスY神経節細胞の移動刺激に対する感受性を増加させる。

      水平細胞

      水平細胞は、網膜平面と多数の樹状突起に平行に移動する様々な長さの軸索(近くと遠くの両方の光受容体にアクセスするため)を 細胞体は内部核層に制限されている。 光受容体から放出されるグルタミンに応答して、水平細胞は近くの棒および錐体にGABAを分泌する。 この作用は、神経節細胞の応答を調節し、視覚系に伝達される画像の周囲を鮮鋭化する。

      神経節細胞および神経線維層

      視床の光受容体と側方性生殖体との間の橋を形成する二次ニューロンは神経節細胞である。 それらの細胞体は神経節細胞層内に位置し、それらの神経線維は視神経乳頭に向かって神経線維層(硝子体ユーモアに隣接する)内を移動する。 ここで、それらは視神経を形成する。

      神経節細胞層-組織学的スライド
      神経節細胞層(組織学的スライド)

      神経節細胞は、形態学的およ アルファ細胞は、より大きな細胞体、より厚い軸索、および拡散樹状突起を有する。 それらは網膜の周辺面でより一般的に遭遇し、桿体から刺激を受ける。 生理学的観点からは、色感受性がほとんどないため、それらはY細胞と呼ばれます。 それらはまた側面geniculateボディのmagnocellular層とシナプスという事実のためにMの細胞と言われます。

      ベータ細胞は、中程度の大きさの相馬およびより少ない樹状突起を有する神経節細胞の別のカテゴリーである。

      ベータ細胞は、中程度の大きさの それらは網膜の中心的な側面でより一般的であり、錐体から視覚刺激を受ける。 したがって、それらは色刺激に応答し、そのように、X細胞として分類される。 彼らは側geniculate体のparvocellular層にシナプスので、彼らはまた、P細胞と呼ばれています。他の神経節細胞は生理学的にW細胞として分類され、解剖学的にはデルタ細胞、イプシロン細胞、およびガンマ細胞と呼ばれる。

      他の神経節細胞 光受容体との通信がほとんどまたはまったくないW細胞のユニークなグループは、メラノプシン含有神経節細胞として知られています。 視覚イメージングおよび細胞サイズへの関与の欠如に加えて、これらの細胞は、切除前(主および副CN III)および視交叉上核、神経節層内の位置、および青色光 最も重要なのは、これらの細胞は光に対して非常に敏感であり、光への直接曝露に応答して活動電位を伝播するであろう。

      叢状層

      網膜の三つの神経層の間に二つの別々の、密な線維ネットワークがあります。 外核層は外核層と内核層の間に見られ,内核層は内核層と神経節細胞層の間に存在する。 外側のプレキシフォーム層は、内核層の双極性および水平細胞のニューロン、ならびに光受容体の軸索を含む。 通常、孤立した棒球または円錐茎、二つの横方向に配置された水平細胞プロセス、および中央シナプス後バイポーラ細胞の間で形成された通信プロセスの

      外神経叢層-組織学的スライド
      外神経叢層(組織学的スライド)

      一方、内神経叢層には、内核層の細胞(バイポーラ細胞またはアマクリン細胞から)は、神経節層の細胞と一緒になる。 Amacrineの細胞に他のamacrineの細胞との、また両極および神経節の細胞との関係があります。 バイポーラ細胞はまた、対応する神経節細胞と通信する。

      内部叢状層-組織学的スライド
      内部叢状層(組織学的スライド)

      制限膜

      叢状層に加えて、網膜全体に見られる他の二つの仕切り膜があります。 ロッドとコーンのレベルでは、薄暗いにもかかわらず、明確な層を形成する接合複合体の配列があります。 これは、光受容体をミュラー細胞プロセスから分離する外側制限膜(層)として知られている。 ミュラー細胞の末端プロセスを含む内側制限膜(層)は、硝子体の末梢部分を覆う。

      外限膜-組織学的スライド
      外限膜(組織学的スライド)

      黄斑

      側頭側視神経乳頭(約4mm横方向に)瞳孔の反対側には黄斑黄斑として知られている黄色の領域があります。 黄斑の中央には中心窩があり、それ以外の場合は中心窩と呼ばれます。 黄斑の中心の周囲から行くと、内層の厚さが減少し、光受容体層のみが中心窩ピットに残る点になる。 その結果、より多くの量の光子は、介在する細胞が少ないので、光受容体にそれを作る。 この領域は円錐によって専ら住まれ、頭脳に送信される視覚求心性の刺激の大半を占めます。

      Fovea centralis - cranial view
      Fovea centralis (cranial view)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です